知ってますか?これからの「健康睡眠」の常識とは?

「硬さ」ではなく、
「反発力」がポイント。

柔らかな敷布団の欠点は、大きく分けて2つあります。寝姿勢が正しく保たれないことと、寝返りを打つたびに負担がかかり熟睡が妨げられること。しかし、ただ単に硬ければ良いというものでもありません。
ポイントは、全身を下から押し上げるしっかりとした反発力。
高反発の敷布団なら、体圧をバランスよく分散して、理想の寝姿勢をキープ。肩や腰が沈み込み過ぎないため、朝、身体のあちこちに痛みを感じている人にもおすすめです。

赤の部分がなく均等に体圧が分散!

熟睡に「寝返り」が
大切な理由。

一晩に30回前後寝返りを打つことが自然の姿。寝返りにより、身体の一部分にだけ負担がかかったり血流が妨げられるのを防ぎ、疲労を回復します。柔らかすぎる敷布団では、身体が沈み込むため長時間同じ寝姿勢になりがちで、それが腰などに負担をかける原因に。さらに、寝返りするたびに力が必要になるため眠りが浅くなり、眠っても疲れがとれないということになります。

熟睡に「寝返り」が大切な理由。

寝相が悪いのは、
元気な証拠。

子どもは、ごろごろとよく寝返りを打ち、眠ったままあちらこちらへ移動したり…。それを私たちはついつい寝相が「悪い」といってしまいますが、それは大間違い。寝相が悪いのは元気な証拠。反射的に寝姿勢を自分で整えながら筋肉の疲労を回復し、熱さや湿気も逃しているのです。逆に、寝相が良いといわれる静かで動かない寝相の方が身体には悪いので心配です。

寝相が悪いのは、元気な証拠。

寝心地が良いのは、
身体に悪い?

もう一つ、常識の間違いを。眠りに悩む方の多くは、なんとか良質な睡眠をと、寝心地を追求しているのでは。ところで、この寝心地が良いとは、たとえば、ふかふかの寝具にやさしく包まれるような感覚でしょうか。気持ちも癒され、リラックスして眠りにつけそうです。しかし、ここまで読んだ方にはお分かりの通り、この寝具では熟睡できない可能性があります。つまり、寝心地が良いとは、寝付くときの短時間の肌感覚の問題。一方、眠りの質とは、一晩の眠りの深さがポイントです。寝心地が良い=良質な睡眠ではないということを意識して、寝具をお選びください。

寝心地が良いのは、身体に悪い?

寝姿勢のクセを
整えましょう。

眠りに悩みを持つ方であっても、長年使ってきた寝具に身体が馴染んでいることも事実。高反発の布団に変えた当初は、違和感を感じる場合があります。しかし、それは正しい寝姿勢に調整されている証拠ですから、しばらく様子を見てください。1週間前後で慣れてきて、睡眠の改善が実感できるでしょう。

寝姿勢のクセを整えましょう。