明日を変える、健康睡眠 RISE

Q&A よくあるご質問と回答

反発力(N:ニュートン)の値が非常に大きくなったのはなぜですか?

2017年4月1日より、家庭用品品質表示法の改正により、反発力(ニュートン)の測定方法が変更されたためです。ウレタン素材の変更はありません。

新測定方法【JIS K6400-2 A法】:マットレス全体の厚さの40%分押し込み、その40秒後に戻ろうとする力を計測

旧測定方法【JIS K6400-2 D法】:マットレス全体の厚さの25%分押し込み、その20秒後に戻ろうとする力を計測

(例:10cm厚の場合は、旧方法では2.5cm押し込み、新方法では4.0cm押し込む)

 

旧測定方法において、ウェーブカットやブロックカットなどプロファイル加工されているマットレスは、主にプロファイル加工部分の反発力が測定されていたため、柔らかめのニュートン値になっていましたが、新しい測定方法では、加工されていない基礎部分まで押し込む力を測定するためニュートン値が非常に大きくなります。また、プロファイル加工されている場合は、マットレスの厚さによっても反発力が異なるようになりました。これは、マットレス自体が薄いとプロファイル加工の影響が大きくなり、逆に厚い場合はその影響が小さくなり、より基礎部分の影響を受けるためです。