明日を変える、健康睡眠 RISE

毎日をがんばる ライフアスリートのための寝具 明日を変える健康睡眠ライズです。

総合トップ
オンラインストア

Good Qualityを、適正価格で。日本の「睡眠文化」に貢献する寝具を。ライズTOKYO株式会社代表取締役社長 宮崎 誠司

宮崎 誠司 プロフィール

岐阜県岐阜市出身。東京の専門学校卒業後、父親が経営する寝具製造販売会社に入社。
繊維業界でいち早く中国との本格貿易を始める。30歳で罹った胃ガンを機に健康の大切さを痛感。
以来、健康につながる寝具開発に日夜奮闘。2011年、ライズTOKYO株式会社を設立

  • 宮崎 誠司
  • ものづくり
  • 宮崎 誠司

高品質低価格こそが、適正価格。

20歳で父が経営する寝具製造販売の会社に入社。夢だった芸人としてではなく、ビジネスマンとして、人を喜ばせようと心に誓いました。まず、“高品質低価格”を実現しようと、『自分で責任をもって仕入れ、作り、売りたい』と会社に直訴。単身中国へ渡り、苦労の末、信頼できる生産体制を確立しました。

27歳で独立し有限会社ライズを設立。2011年にライズTOKYO株式会社設立後、総合衣料部門の売上高世界9位の「しまむら」と取引を始めました。業績は急成長し、2013年から3年連続で「しまむら」の寝具部門1位を獲得。『高品質低価格こそが、適正価格』。その方針が間違っていないことをお客様が証明してくださいました。

ハイブリッドの発想で、新たな価値を創造。

商品へのこだわりは、世の中にないものを創ること。または高くて手の出ないものを、品質は保ちつつカスタマイズして適正価格で提供することです。世の中で求められている寝具の機能性や品質を分析し、同等レベルのものを適正価格で提案。インテリアとしても楽しんでいただけるようデザイン性も大切にしました。

私がやってきたことは、いまある「モノ」に、新たな素材やデザインや価格を掛け合わせることで、新たな価値を生むこと。そのハイブリッドな発想力が、私の強みだと自負しています。欧米では、高品質の寝具が適正価格で売られています。そんな豊かな睡眠文化を日本でも当たり前のことにしたい。それが私の願いです。

質の良い睡眠でライフアスリートを応援。

日本では、「質の良い睡眠」に対して関心もニーズも高まっています。しかし、どんなに高品質であっても高価すぎる寝具、逆に単なる価格競争でしかない粗悪な寝具では、みなさんを幸せにすることができません。ライズTOKYOは、質の良い「健康睡眠」寝具を誰もが手にしていただける適正価格で提案していきます。

ライズTOKYOの寝具は、一流アスリートに愛用いただいています。彼らと同様、私達一人ひとりもアスリートなのです。毎日がんばるライフアスリートとして、もっとご自分を大切にしていただきたいと思います。そのためには、まずは睡眠。私はこれからも魂を込めて、ライフアスリートを支える寝具を考案し続けます。