2019.04.07

【レビュー】ライズTOKYOのウレタンマットレスを比較!

スリープマジック 極暑プレミアムマットレス2

ライズTOKYOの高反発マットレスは、三次元構造ファイバー、ウレタン、ラテックスなど様々なタイプがあります。硬さや寝心地がそれぞれ違うため、好みに合わせて選ぶことができますが、色々あってどれが自分に合うのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、マットレス選びで迷っている方のために、ライズTOKYOの人気マットレスのなかから2つのウレタンマットレス「スリープマジック 極厚プレミアムマットレス」と「K18 3Dブロック」を2人のユーザーに実際に使用してもらった感想をご紹介します。

マットレスの厚さ

【レビュー】ライズTOKYOのウレタンマットレスを比較!1

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス:中材12cm(公式)/カバーつき12.5cm(実測)
K18 3Dブロック:中材10cm(公式)/カバーつき12cm(実測)

比べて試した人:身長180cm男性

どちらも中材だけで10cm、12cmと厚みがあるため、フローリングに直接敷いても底つき感はありません。寝返りを打ったり横向きに寝てみたりしても、しっかり支えられている感じがあります。どちらのマットレスも、厚さはじゅうぶんだと思います。

マットレスの形状

【レビュー】ライズTOKYOのウレタンマットレスを比較!2

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス:ウェーブタイプ
K18 3Dブロック:ブロックタイプ

比べて試した人:身長180cm男性

ウェーブタイプは「線で支える」と説明に書かれていますが、実際に横になってみると「線」で支えられている感覚があり、マットレスと体が接する面積が小さいせいか、浮かんでいるような感じがします。

ブロックタイプは「点で支える」と説明に書かれていますが、どちらかというと「点」に支えられているという感覚はあまりなく、点はフィット感の調整をしていて、マットレス全体が体を支えているという感覚です。

マットレスのかたさ

【レビュー】ライズTOKYOのウレタンマットレスを比較!3

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス:290ニュートン
K18 3Dブロック:155ニュートン

比べて試した人:身長156cm女性

マットレスのニュートンを比較すると、スリープマジック 極厚プレミアムマットレスがK18 3Dブロックの2倍近くとなっています。しかし実際に横になってみると、かたさがそこまで大きく違うような感じはしません。スリープマジック 極厚プレミアムマットレスは人が上に寝てもほとんど沈み込まないのに対し、K18 3Dブロックは一番上の層のブロックが体の形にあわせて変形します。ただし、その下の層が厚手でかたいせいか大きく沈み込みすぎることはなく、マットレスにしっかり支えられている感じがします。

マットレスの重さ

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス:シングル約6.6kg/セミダブル約7.9kg/ダブル約9.3kg
K18 3Dブロック:シングル約5.7kg/セミダブル約7.1kg/ダブル約8.3kg

比べて試した人:身長156cm女性

いずれも、「厚さがあるわりに軽い」というのが第一印象です。三つ折りになるマットレスで、思ったより軽いため、シングルサイズであれば敷布団として上げ下げをすることも可能です。マットレスは朝起きてすぐに押入れにしまうと湿気がこもるため、押入れに入れる前にしばらく立てて乾かすのが理想とされていますが、どちらのマットレスもそれほど重くないので立てるのは簡単です。

マットレスの価格

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス:シングル39,990円/セミダブル49,990円/ダブル59,990円m(定価)
K18 3Dブロック:シングル99,990円/セミダブル149,990円/ダブル199,990円(定価)

比べて試した人:身長180cm男性

スリープマジック 極厚プレミアムマットレスは、厚手でしっかりしていて、マットレスカバーも春夏用と秋冬用の2種類を備えているにもかかわらず価格が低め。コストパフォーマンスが良いという印象です。

K18 3Dブロックは、マットレス、カバーともこだわりの高品質な素材が使われています。ライズTOKYO製品のなかでは高価格ですが、一般のマットレスと比較すれば高額というわけではなく、こちらもコストパフォーマンスはとても良いと言えるのではないでしょうか。

総合的なマットレスの比較

スリープマジック 極厚プレミアムマットレス K18 3Dブロック
かたさ 290ニュートン 155ニュートン
厚さ 中材:12cmm(公式)
カバーつき:12.5cm(実測)
中材:10cm(公式)
カバーつき:12cm(実測)
形状 ウェーブ(線で支える) ブロックタイプ(点で支える)
寝心地 ・底つき感なし
・浮かんでいるように体が軽い感覚
・底つき感なし
・マットレスが体にフィットする感覚
価格 シングル39,990円 シングル99,990円

まとめ

ライズTOKYOが販売するウレタン素材のマットレスのうち、人気のスリープマジック 極厚プレミアムマットレスと、K18 3Dブロックを比較してみました。素材は同じでも、寝心地や価格が違う2タイプのウレタンマットレス。どちらも、かためで体格の良い男性向けというイメージがありますが、腰をしっかり支えて眠りたいという女性にもぜひおすすめしたいマットレスです。

※ライズTOKYOでは、マットレスを120日間試せるキャンペーンを実施しています。(2019年6月18日まで)

関連記事

【レビュー】スリープオアシス 敷布団兼用マットレス Vol.3 お手入れ編
2019.04.07

【レビュー】スリープオアシス 敷布団兼用マットレス Vol.3 お手入れ編

スリープオアシスは、水洗いができるというのも人気の理…

高反発マットレスの寝心地比較!ユーザーが実際に寝てみました Vol.2
2019.04.07

高反発マットレスの寝心地比較!ユーザーが実際に寝てみました Vol.2

前回は、スリープオアシス 敷布団兼用マットレス、スリ…

高反発マットレスの寝心地比較!ユーザーが実際に寝てみました Vol.1
2019.04.07

高反発マットレスの寝心地比較!ユーザーが実際に寝てみました Vol.1

マットレスを買い換えようと思っても、実際にどれを選ん…

【レビュー】ライズTOKYO K18シリーズを比較!
2019.04.07

【レビュー】ライズTOKYO K18シリーズを比較!

K18シリーズは、ライズTOKYOの人気シリーズの高…