2019.04.01

【レビュー】K18 ラテックス360 Vol.2

K18 ラテックス360

K18 ラテックス360の素材である天然ゴムは、ゴムの木に傷をつけ、そこから出てくる樹液を採集したものです。天然ゴムの抗菌防臭性は、マットレスに加工された後でも維持されます。

高反発で寝心地が良く、理想的なマットレスと言われるK18 ラテックス360Vol.1では、K18 ラテックス360の素材や特徴についてご紹介しましたが、今回は実際に寝てみて感じた寝心地やマットレスの良さなどをご紹介します。

K18 ラテックス360の寝心地・レビュー

【レビュー】K18 ラテックス360 Vol.21

やわらかく、かたく、弾力がある

ラテックスマットレスはやわらかいと聞いていたので、低反発マットレスのようにじんわりと沈むやわらかさを想像していましたが、全く違いました。ラテックスマットレスは、低反発マットレスとも、一般的な高反発マットレスとも感覚が異なります。

一般的な高反発マットレスの場合、横になると体が浮いているような感覚がありますが、ラテックスの場合は浮いているような感じはなく、体がある程度沈むやわらかさがありながら、下から押し返される感覚があります。やわらかいようで、かたく弾力がある素材です。

朝起きたときの体のだるさがない

日頃から寝る直前まで仕事をしてそのまま寝るという生活をしているせいか、これまでは朝起きたときに体がバキバキと疲れている感覚がありました。しかしK18 ラテックス360に変えてからそれがなくなったように感じています。

K18 ラテックス360に慣れてから、ふたたび元のやわらかいマットレスに横になってみると、横になった瞬間に腰の痛みを感じ、さらに寝返りをうつ際にも腰の痛みを感じました。これまでは気にせずこのやわらかいマットレスに寝ていたはずなのに、嘘のようです。

ラテックスの臭いは気にならない

ラテックスのマットレスはゴムの臭いがすると聞いていましたが、臭いは全く気になりませんでした。ただし、個々の製品や個人の感じ方により印象は違うかもしれません。

しなやかに丸まるので扱いやすい

K18 ラテックス360は、シングルで約10.5kgと比較的重さがあるため、持ち運ぶのが楽とは言えませんが、しなやかに丸められるため、一般的なベッドマットレスよりは扱いやすいです。特に、お手入れの際にその違いを顕著に感じられます。

※個人の感想です。

K18 ラテックス360のお手入れ

【レビュー】K18 ラテックス360 Vol.23

日頃のお手入れ

ラテックスは、天然の抗菌効果がありダニが棲みつきにくい素材です。さらにマットレスカバーもダニアレルゲンを軽減する素材のため、ダニ対策にはそこまで神経質になる必要はなさそうですが、湿気対策は必要です。湿気が気になるときは、直射日光の当たらない場所にマットレスを立てて干しておくと良いということなので、早速干してみました。自立するので、ベッドの上や床の上に立てて放置しておけてとても楽です。

マットレスカバーのお手入れ

K18 ラテックス360のカバーは、マットレスを丸ごと包んでファスナーで止めるタイプ。2辺がファスナーで開くので取り出しやすく、厚みがあって形がくずれにくいため装着も簡単です。

【レビュー】K18 ラテックス360 Vol.12

洗濯表示は「手洗い」になっているので、洗濯機の手洗いモードで洗ってみました。乾燥時間は、浴室乾燥2時間で中央部は乾きましたが、角や下になっている場所の乾燥に少し時間がかかり、最終的に4時間で完全に乾きました。浴室乾燥の場合は乾きやすい場所と乾きにくい場所が出てしまうため、外に干せばもう少し均等に乾くかもしれません。

まとめ

幅広い層に人気と言われるラテックスマットレス「K18 ラテックス360」は、寝心地が良く、体が楽でお手入れも簡単な素晴らしいマットレスでした。高反発マットレスの中では比較的高価格帯ではありますが、一般的なベッドマットレスと比較するとお手頃です。次のマットレスを探している方にぜひおすすめしたいです。

関連記事

枕はどのように選んだらいい?寝具のプロが解説します
2021.06.14
枕はどのように選んだらいい?寝具のプロが解説します

枕を正しく選ぶことの重要性 人間は人生の3分の1を…

枕の洗濯方法|素材ごとの洗い方やメンテナンスの方法を解説
2021.06.14
枕の洗濯方法|素材ごとの洗い方やメンテナンスの方法を解説

素材別枕の洗い方 枕のカバーを洗うことはあっ…