RISEのものづくり

お客様の体を支えるマットレス。
安心安全をお届けするために、機能性はもちろん、品質にもこだわりをもっています。

[ 設計 ]

徹底的なリサーチによる企画開発

独自の目線で社会状況やトレンド、時には海外まで足を運んで徹底的に顧客ニーズを分析します。開発担当と自社内デザイナーがそれらの情報を共有し、一体となって、機能性とクオリティを最大限に生かしたデザインを生み出していきます。経験だけに頼ることなく、スペシャルパートナーの桑田真澄さん、製品開発アドバイザーの高橋尚子さんをはじめ、医学博士や科学者など各分野のスペシャリストの知見もお借りしながら常に新しい価値を吹き込むことに挑戦し、何度も試作を重ねながら最終仕様を確定していきます。

[ 素材 ]

製品まで妥協しないものづくり

マットレスの心臓は、何と言っても中材です。質の高い睡眠を実現するために、RISEでは高反発素材に着目して製品開発を行っています。ブランドのコアとなる素材は「3次元構造ポリエチレンファイバー」。通気性に優れ、水洗いも可能という活気的な素材で、高い反発力と弾力性で寝姿勢と寝返りをサポートできるほか、質の高い睡眠に必要な体温調整の効果もあることがわかっています。ファイバーの密度や厚さ、製品時の重さまで考慮しながらトライ&エラーを繰り返し、現在の「スリープオアシスシリーズ」が完成しました。マットレスの中材としてはまだまだ歴史の浅い素材ですが、その可能性は無限大に広がっており、さらなる進化を求めて研究開発を続けています。

[ 品質管理 ]

『RISE品質』を守り続ける

現在、RISEマットレスの9割は中国で生産しています。中国製は不安・・・と言われたのは過去のこと。国内の工場よりも技術も設備も整ってきています。RISEの信念に共感してくれた工場との長年にわたり築きあげてきたパートナーシップで、国境を超えた仲間達とともにRISE品質を守り続けているのです。
安全な商品をお客様に届けるために、RISEの商品はすべて、機械による検品だけではなく、人の目と手でその仕上がりを確認しています。カバーのみ、中材のみをそれぞれ検品した後、中材にカバーをセットした状態でさらに1回、その後、検品専門業者の熟練したスタッフが完成品の検品を行います。合計4回、人の目と手による検品を行った後、針などの危険物が探知できる検針機に商品を通し、安全が確認された商品のみを出荷します。工場は、すべての商品がこの流れに沿わないと出荷できない仕組が確立されており、正しく運用しているかのチェックを貿易に携わる現地スタッフが厳しく管理しています。さらに日本から専門スタッフが定期的に現場へ足を運び、日本人の感覚で、日本式の徹底した管理を行っています。

『RISE品質』を守り続ける責任

常州格來國際貿易有限公司 総経理 徐 偉 氏

RISE製品の素材調達から生産管理までを担当するのは、中国のパートナー企業である貿易会社・常州格來國際貿易有限公司だ。総経理の徐 偉氏とRISEとの出会いは1997年。商品をあらゆる角度から研究し、決して妥協しない代表宮崎の姿が強烈に印象に残っているという。 『仕事に取組む姿勢が似ている』と信頼し合う二人は、常に100点満点を目指している。企画から素材開発、生産、出荷までの仕事のスピード感も同じで、他社が研究している間にすでに新製品を世に送り出していた。共にハイクオリティ・ローコストを追求し、文字通り全速力で並走しながら今日のRISEを築き上げてきた。RISE品質を守る砦でもある工場は、技術はもちろん経営者の意識の高さや共に成長するという向上心を持っていることを確認し提携する。RISEの理念を深く理解していることはもちろん、中国にいながら日本の市場分析まで研究に余念がない。想いは常に『高品質のマットレスを手にとりやすいお手頃価格でお届けすること』。これからも切磋琢磨して、共に成長しながらRISE品質を守り続ける。

『RISE品質』を守り続ける責任