2018.07.20

質の高い睡眠をとるために・・自分に合った高反発マットレスの選び方とは?

あなたは毎日どのような敷布団やマットレスで寝ていますか?そしてその敷布団やマットレスは、あなたの体に合っていますか?毎日ぐっすり眠って体調を整えるには、睡眠時間だけでなく睡眠の質の確保も重要です。良い睡眠をとるために、自分に合ったマットレスを選びましょう。
今回は、マットレス選びのポイントと、おすすめのマットレスについて紹介します。

体に合った高反発マットレスはどれ?マットレス購入時のチェックポイント

仰向けに寝て、腰が沈みすぎないか?

まずは、マットレスに仰向けで寝てみます。目を閉じて、自分の体に集中しましょう。腰が沈んだ感じがする場合は、マットレスがやわらかすぎて体の重さに対応していない可能性大。もう少し硬めで、しっかり体を支えてくれる高反発マットレスがおすすめです。

一部分のみ浮いている感じはしないか?

仰向けで寝たときに、背中が浮いてしまうことはありませんか?たとえば反り腰の人の場合、マットレスが硬すぎると、腰や肩甲骨がマットレスについていても、背中が浮いてしまう場合があります。背中とマットレスの間にすき間ができてしまう場合は、マットレスの硬さが合っていないため、腰や肩甲骨に体圧が集中してかかって痛みが出る可能性大。理想は、体圧が腰や肩甲骨などに集中してしまうことなく、体全体で支えることができる体圧分散性能の高い高反発マットレスです。

横向き寝で肩の痛みはないか

横向き寝で肩の処理に困ることはありませんか?肩は幅が広い分、横向き寝になると体圧が集中したり、肩の置き場に困って正しくない寝姿勢になってしまったりすることがあります。横向きに寝ることが多い場合は、体の形に合わせて適度に沈み、かつ、沈み込みすぎずしっかり押し返してくれる高反発マットレスがおすすめです。

コスパ重視なら!高反発マットレスの品質や価格のチェックポイント

耐久性

マットレスの耐久性はとても重要なチェックポイントです。家具や寝具は、一度購入したらなかなか買い換える機会がなく、処分などを考えるとついつい買い替えを先延ばしにしてしまいがち。だからこそ、耐久性があり長く使えるものを選びたいところです。

一般的に、マットレスの寿命の1つの目安になるのが、購入してから3年後。早いものではこの頃になると、へたりが見られるようになります。購入前に、そのマットレスの耐久性や保証期間を確認しておきましょう。へたりに対する保証期間を設けているメーカーのものであれば、安心して使えるのでおすすめです。

※3年間で5mm以上のへたりなら無償交換!保証制度のあるおすすめマットレスはこちら

マットレスは腰部分が最もへたって消耗しやすいので、位置を時々交換すると長く使い続けることができます。3つ折りタイプの高反発マットレスなら、頭、腰、足部分を時々入れ替えながら使うことでへたりを最小限に防げるでしょう。表裏を交換できるタイプなら、表裏も替えながらローテーションしていくと、より長持ちします。

衛生面

マットレスの衛生面で気になるのは、カビやダニ。お手入れによって防げるものなので、簡単にお手入れできるマットレスがおすすめです。

理想はこんなマットレス
– 簡単に干せる
– 簡単にカバーを取り外せる
– ほこりが出にくい
– ダニの棲みつきにくい素材

カビを防ぐには、布団の湿気をしっかり放出するのが重要なポイント。朝起きたらすぐに片付けずにしばらく干して放湿する必要があるため、簡単に干せるものを選びましょう。外に干す時間がないという場合は、室内干しでも問題ありません。その場合は、さっと立てかけるだけで簡単な3つ折りタイプが便利です。

※水洗い可能!通気性抜群!ダニがつかず清潔に保てるおすすめマットレスはこちら
※ほこりが出にくい素材のマットレスはこちら

価格

マットレスは、値段の安いものから高いものまで様々あります。安易に安いものを選ぶのではなく、品質をしっかり見極めて選びましょう。

※高品質なのにお手頃価格でコスパ抜群!スリープオアシスエントリーはこちら

まとめ

高反発マットレス選びのチェックポイントをご紹介しました。
毎日ぐっすり眠って昼間しっかり活動するために、マットレス選びは重要です。いろいろなタイプのものが販売されていますが、自分の体や生活スタイルに合ったものを選んでくださいね。

関連記事

枕はどのように選んだらいい?寝具のプロが解説します
2021.06.14
枕はどのように選んだらいい?寝具のプロが解説します

枕を正しく選ぶことの重要性 人間は人生の3分の1を…

枕の洗濯方法|素材ごとの洗い方やメンテナンスの方法を解説
2021.06.14
枕の洗濯方法|素材ごとの洗い方やメンテナンスの方法を解説

素材別枕の洗い方 枕のカバーを洗うことはあっ…