2017.11.13

くしゃみ・鼻づまりは安眠の大敵!寒暖差のある季節の睡眠トラブルの予防法

季節の変わり目に、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状で悩まされることはありませんか?風邪や花粉症に似た症状ですが、それはもしかしたら寒暖差のある季節特有の症状かもしれません。寒暖差のある季節にあらわれる、風邪や花粉症のような症状と睡眠の関係、そして予防策などを紹介します。

寒暖差のある季節の鼻づまりやくしゃみの原因は?

春先や秋口といった季節の変わり目には、1日の気温の変化に高低差があります。そのため、気温の変化に体がついていけず、鼻水や鼻づまり、くしゃみ等を引き起こすことがあります。刺激物に反応して起こることもあると言われています。

睡眠との関係は?

鼻水や鼻づまりなどの症状は安眠を妨げます。特に、「鼻づまりが苦しくて目がさめる」「鼻水が止まらなくて眠れない」といった症状が出てしまう場合は、寒暖差など様々な刺激により熟睡できず、睡眠が浅くなっている可能性が高いです。その症状の予防のためには、質の良い睡眠をとる必要があるのです。

寒暖差のある季節の様々な症状。その予防策と対処法は?

寒暖差の刺激から体を守るには、体調をしっかり整えることが重要です。まずは以下の3点を心がけたいです。

生活リズムを改善する

不規則な生活を改めてストレスを減らすことで、体調を整えましょう。夜型生活をしていると寝る時間になっても体が睡眠モードに入らなくなってしまうため、できるだけ早寝早起きを心がけ、睡眠時間をじゅうぶんに取ります。ぐっすり眠れるように睡眠環境も見直しましょう。

バランスのとれた食事を心がける

体調を整えるためには、野菜を多く摂るのが理想です。また、遅い時間の食事は睡眠の質低下や体調不良につながるため、できるだけ早めにとるようにしましょう。お酒は体調や睡眠に影響を与えない範囲で飲むように心がけたいです。

体を動かす

運動をすることで、気持ちがリフレッシュしてストレスを減らすことができます。また、運動の疲労で夜にぐっすり眠れるというメリットもあります。軽い運動でも構わないので、毎日続けることが重要です。

まとめ

寒暖差のある季節には、気温差によって様々な症状が生じます。何らかの理由で熟睡できないためにくしゃみ、鼻水、鼻づまりが生じ、さらに睡眠の質が低下するという悪循環を引き起こします。

予防するには、生活習慣や睡眠環境を改善し、体調をしっかり整えましょう。

関連記事

除湿シートは必要?フローリングに布団を敷く時の湿気対策
2019.07.22
除湿シートは必要?フローリングに布団を敷く時の湿気対策

日本には昔から畳の上に布団を敷いて寝るという文化があ…

自分に合うマットレスが見つかる!ライズTOKYO WEBサイトリニューアル
2019.05.23
自分に合うマットレスが見つかる!ライズTOKYO WEBサイトリニューアル

新しくなったライズTOKYOのWEBサイトを、もうご覧に…

ウォーターベッドの寝心地は?そのメリットと注意点をご紹介
2019.02.07
ウォーターベッドの寝心地は?そのメリットと注意点をご紹介

ウォーターベッドを使ったことはありますか?ウォーター…

枕の臭いに効果的な対策は?枕の消臭方法とニオイ防止策
2019.02.07
枕の臭いに効果的な対策は?枕の消臭方法とニオイ防止策

枕を長く使っていて、取れない臭いが気になってきた・・…